本文へ移動

放射温度計・非接触温度計(設置型)

光ファイバー赤外線放射温度計 IGAシリーズ

放射温度計・非接触温度計(設置型)

光ファイバー赤外線放射温度計 IGAシリーズ

メーカー希望小売価格お問い合わせください (税別)

200℃以上を透明なガラス越し測定可能。
IGAシリーズは低価格の光ファイバー式赤外線放射温度計です。高速応答で微小面から面測定まで用途に応じて豊富なセンサーヘッドを用意してます。

特徴
○200℃以上をガラス越しにて測定可能 ○RS-232C出力(オプション)
○最小φ0.2mmの面積が測定可能(センサーヘッド:SH-7C60を使用した場合)
○アナログ出力がスケーリング可能なため、計測に応じた温度レンジ設定が可能
○C-ST2型はサンプリングスピード0.01~1.00secを0.01sec単位で可変可能(0.005~0.5secオプション)
関連画像
真空炉(チャンバー内) ガラス窓を通しての温度計測
高周波加熱 高周波加熱を隙間から
鍛造 移動物などを瞬時に
IGAシリーズそれぞれの特徴(比較表)
IGA-C-E1 IGA-C-ST2
温度測定範囲は250~2000℃
低温から高温までを1台で測定
温度測定範囲は200~3000℃
(5レンジの中から1つの温度帯を選択)
近距離微小スポットサイズ測定用と
中距離微小面測定用のセンサーヘッドを用意。
(SH-25A又はSH-25Bを選択下さい。)
近距離微小スポットサイズ測定用、
中距離微小面測定用、遠距離微小面測定用
などのセンサーヘッドを用意。φ0,2mmに対応。
測定距離50mmでφ0.5mmの微小面を測定
ができます(SH-25B使用時)
測定距離約52mmでφ0,2mmの微小面測
定ができます(SH-7C-60使用時)
最速0.05secの高速応答。 標準で最速0.01sec(10msec)の高速応答。
DC4~20mAの出力を標準で装備。
ZERO・SPANで任意にスケーリング可能。
0~10V、4~20mAの2出力を標準で装備。
ZERO・SPANで任意にスケーリング可能。
(オプションでRS232C出力)
以下は共通の特徴~
ガラス越し測定/鍛造・鋳造の温度管理/高周波加熱ラインでの温度コントロールに最適。
・内蔵ビームでターゲットを簡単に確認。 ・放射率補正が簡単に設定できます。
・光ファイバー式で電気ノイズに強い。 ・光ファイバーは標準の長さ以外に任意で延長が可能。
・光学系のセンサーヘッドのレンズを保護するエアパージをオプションで用意しました。
ニッシン産業株式会社
〒540-0014
大阪府大阪市中央区龍造寺町7番21号
TEL.06-6764-6741
FAX.06-6764-6778
TOPへ戻る